2009年10月2日金曜日

古い話ですので,スキップして下さい.  コロラドのキャンプとノースフェイス

諸事情(しつこい)で,今年のキャンプはもう終わり...と思っていたら.思い出した! 四年前も10月1日でキャンプ納めだった.

もともとは釣り場が居住地からあまりに遠いのではじめたキャンプ.椅子やらテーブルは備え付けてあるから,持ち物は本当にシンプルで,テントとマットと寝袋.クーラにクッカーと食器を少し.あとはフライフィッシングの道具だけ.

そもそも,起きてからずーっと釣り場を歩いて,昼は握り飯をかじって,暗くなるぎりぎりにテントに戻る.95%は晴れだから,屋根はいらない.食事の支度は最低限...だけど,水場を歩くから景色はかなりいい.
釣り師に理想のキャンプを繰り返して,一夏通ったのがここ.二つの湖に挟まれた夢の流れだった.

そんなキャンプも突然終了した.いつもと同じようにTNFのテントで寝ていると,夜中から何か騒がしい.明日から引っかけ漁が解禁だから,続々と釣り師が集まっているのかなと思いつつ,無理矢理に眠っていると.夜明けから漁解禁の花火の音が始まる.

ダダン,ダダダン,ダダダダダダダダーンと 延々と続く.さらに延々延々と...仕方なしに起きてみると,喧噪とは無縁の素晴らしい夜明けが...





ここは標高2800メートル.10月に入ったばかりでも,テントは凍り付いている.




短い秋も終わろうとしていて,朝日に黄金色に草木が輝く...
さっそく,釣り竿を取り出して,湖畔を歩いていると...さらに鳴り響く花火の音...?

でも,花火は見当たらない?? おかしい...あっ!,突然に思い出した!!.今日からハンティング解禁だった...これは銃声?

湖面をみると銃声に逃げない鳥の群れが...よく見ると...decoy,模型の鳥たち?,おとり??... さらによく見ると,迷彩色に隠れたハンターがそこかしこに...ここは戦場か!!...延々と銃声が飛び交う中を,恐る恐る退散.まぬけだった.






突然に終わりを告げた釣りシーズンとキャンプシーズン.いくら釣りに夢中だったとはいえ,あまりにもボケぼけだったなあ...

その頃の写真はほとんど消失して,ネットに保存してた一部だけ残ってました.そのまま,Thanksgiving Dayになり,スキーシーズンに突入してしまった思い出の10月1日でした.




でも,なんか,自由だったなあ!





大きな地図で見る

0 件のコメント: