2009年10月9日金曜日

スノーピーク移転 噂だけど... 峠へ    


内容の真偽に責任を持ちません...

キャンプ再開にあたって,スノピ本社を訪れました.なにせ,三条までは小一時間ですし,本道??を歩むたちなので...それに,一応はグッズも売っているし.

もっとはっきり言うと,スノピの名前は頭の片隅にあったけど,ほとんど忘れた存在でした.自分で使用していたかは覚えていないし,問われて記憶を辿ると,焚き火台とタープがスノピだったかな?と思い出す程度でした.まあ行ってみれば何か発見があるかなと.

訪れてみますと,意外なほどに歓迎してくれてスタッフに付きっきりの説明をしていただきました.残念ながら,その時はSP製品で欲しいと思ったものは一つもなく(今と違って),道具の話よりも佐渡の話やら海カヤックの話,強風でソリステ50で固定していた...のポールが折れた話などを延々しました.そうそう,何を買うか迷っていたら一押しで薦められたのがバケツで,買ってみると本当に役立ちました.



その時に聞いた話(雪峰祭の中心となるお方らしいです)では,下田の山を買い取ってアウトドアフィールドを作って移転するとか?? (オフレコとは言われませんでした)さすがスノピ.スケールの大きい話です.





おそらく知ってる人は少ないかもしれませんが,下田は河合継之助が最後に落ち延びた80里峠の起点となるところ.ちなみに小出から田子倉に抜ける道は60里峠です.

8里が80里にも感じる酷い道である事から名付けられたという由来があり,田子倉湖の少し下流,通に有名な炭酸水の涌く泉の少し上流のあたりの只見町に抜けます.(すいません,勝手にリンクしちゃいました.)今の国道289がそれですが,山間部は遅々と工事中で通れるのは10年後かもしれません?.福島側の途中にはちょっとおいしい?(覚えてない)蕎麦屋があります.

下田には大谷ダムがあったり,ダムの下流の五十嵐川(いからし)は,先日の新潟国体でカヤック競技が行われたところです.途中の五十嵐神社は全国の五十嵐さんのルーツとされています.

また,笠堀ダムの奥はニホンカモシカの生息地として有名です.

そんな素敵なところ(でも奥地)に移転するらしいですが,信憑性は?



下田から本来の80里峠の起点となる吉ヶ平(今は廃村)に向かうと素敵な小ハイキング道があります.吉ケ平へ行く途中には秘湯?嵐蹊荘もあり,ここも素敵なところです(好みですが).80里峠をちゃんと歩けば田代平を抜けて只見にたどり着きますが,なにしろ80里です.それでも昔は新潟と会津をつなぐ重要な道であったようです.


こんな道を抜けると


ここで出会ったおじさんは,旧吉ヶ平村出身でした.なつかしいので三条からしょっちゅう歩きに来ているそうです.昔話を沢山聞かせていただきました.



素敵な湖があります




大きな地図で見る

0 件のコメント: