2009年10月14日水曜日

熊に出会ったら死んだふりがいいって ほんと?  前回に続いて,なんか東ス○みたいな.



buffalo in the bear country





熊に出会ったら死んだふり...これは何の根拠もない俗説とされていますが,ほんとでしょうか?
実は”熊に出会ったら死んだふり”はちゃんと有用とされています.

ネットをちょっとひくと,"熊に出会ったら死んだふり" は大うその俗説と説明されている事が多く,十歩譲って昔だったらそうかもしれないとか,たまたま寝ていた子供だけが襲撃してきた熊の難を逃れたとか...そんな記事しか出てきません.

じゃあ俗説とする説に根拠があるのかと言えば,特にちゃんとしたデーターがあるわけではないようです.熊は死肉を食べるから,死んだふりはもっと危険だとか...もっともらしい理由はあります.





ここからも俗説が続くので,超暇な人以外は他の素敵なブログに飛んで下さい.

また,リスクの判断は自己責任で....






ちょっとやり方を変えて,英語でググってみます.bear, play, deadあたりが検索語でしょうか? いろいろ出てきますが,これなんかは有名紙のコラムですので,結構広められた俗説かもしれません.

別サイトでも同じように説明されています.
最後にビデオもあります.ちょっとグロいので要注意. それに面白おかしく作ってあるみたいで,肝心の所が抜けてます.




ずいぶん以前に見たイエローストーン国立公園 backcountryでの過ごし方を説明したビデオで,Your best option is playing dead. というのがとても印象的でした.記憶違いかと思って再検索すると,少し変更されているようですが,今でもちゃんと似たような説明が残っています.

要は,日中の偶発遭遇は熊もびっくりして防御的に攻撃するので,抵抗しない方法(死んだふり)も有用である. テントを襲われたり,夜間に出会った熊は獲物を求めているので,撃退(fight back)するしか助かる方法はない...ということでしょうか?

 Attacks can generally be divided into two groups: predatory and defensive. Each calls for a different strategy.(前述のNYTimes) Experts do not recommend playing dead if a bear attack appears to be predatory.



熊の種類も対応の違いになります.ブラックベアはスカベンジャーなので死んでいるエサにも興味を示すので,死んだふりは適切でないこと.相対的にグリズリーの撃退(武器なしで)ほとんど不可能だが,ブラックベアなら撃退可能かもしれないこと....言い換えれば,グリズリーはfight backしても撃退できる可能性が低く,見逃してもらった方が生き残れる可能性があると...

ただ,これも全く反対のことを言っているサイトもあります.ブラックベアなら死んだふりも有効だが,グリズリーはあまりに大きいので重さだけでも(上にのっかられるだけでも)殺されてしまう可能性があるので,死んだふりをするべきではないと.


.........よくわからなくなってきましたが,



実は,これらの議論をする前に,大大 大前提があります.


A Fed Bear is a Dead Bear .



これ,餌付けされると熊は野生ではなくなってしまうという程度に考えたことがありました.でも,実際は全然違います.一度でも人間の食べ物を手に入れた熊は,その後,極めて攻撃的になることがあり,殺すか数百マイル遠方に移さないといけない...ということでした.


ピクニックの食べ残しの放置や,安易な餌付けなどは,熊を危険な動物に変身させてしまうようです.

Allowing a bear to obtain human food, even once, can result in aggressive, bear behavior. Aggressive bears are a threat to human safety and must be removed or destroyed. Help keep park bears wild and safe. Do not feed the bears for any reason! Failure to follow park regulations is a violation of federal law and may result in citations and fines.

Since 1996, seven bears have been destroyed in this park* due to improper storage of human foods by park visitors. These bears obtained human foods, became aggressive in their pursuits, and had to be killed.

*Grand Teton National Park

国立公園内backcountryでの野営に関してしつこく注意されること:まず,テント内に食物は絶対に持ち込まないこと,調理はテントから離れてすること,残飯や糞便などのにおいのするものをテントの近くに置かないことなどです.さらに,調理した時に来ていた服,釣り(魚のにおいがつく)に使った服はテント内に持ち込まないことなども警告されます.そして,歯磨き粉やあらゆるにおいのするものは,テント内に持ち込まずに吊るすか熊ボックスにしまうことを指示されます. この熊ボックスは,テントから100mぐらい離れたところに設置されており,動物には開けられない頑丈な金属製です.全てのにおいのするものはこの箱に入れるか,木につるす(方法もはっきりと指定されています)ように指示されます.

男性にありがちな,たちしょん(失礼)も禁止されています.地表に残ったミネラルを求めて動物が集まるそうです.銃とペットも禁止されています.

誰かがこのルールを破れば,そのサイト周囲は人や食べ物のにおいが残り,動物の集まる極めて危険な場所になってしまいます.一度,人間に近づくことでなんらかの食料を得た熊は,食料を求めて人に近づいたりテントを襲うようになります.ハイカーがルールを守っていることが前提とされ,山中に入る人たちはこのルールをよく守っています


 っていうことは,日本の熊に出会って死んだふりは,そのまま死んじゃうかもという結論になりました

Todo2 does not recommend playing dead if a bear attacks you in the far east country, where almost all the bears seem to be predatory.






YSNP


ところで,漫画ビデオの最後に熊に襲われるのは雷にうたれるより頻度が低いとありますが,
米国って結構,落雷死する人多いんです.
フォントと書式がうまく設定できません.よみづらくてすみません.

0 件のコメント: