2009年11月28日土曜日

壱醸 棚田の越淡麗 栃尾好き

旧栃尾市は長岡に併合されたが,栃尾は大好きな場所の一つである.失礼な言い方だが,公言すると,なんで?と聞かれる.



栃尾から見る守門岳


栃尾の良さは行ってみないとわからない...とどの水も栃尾だし,景虎やおぼろ豆腐...あとなんだっけ?   とにかく,いいところである.





栃尾のお酒,越の鶴(壱醸)と景虎.きりんざんは阿賀町です.

そんな栃尾の棚田米聖地,雷地区より酒米(越淡麗)を有機栽培米した新しい日本酒が発売された.なんと合鴨農法?で虫を駆除したらしい...なんたらダッシュの番組みたいだ.

壱醸(右)は,一昨年に発売されてから,好んでなんども愉しんだ.新潟の新酒米である越淡麗を大吟醸格の50%まで磨いた純米酒.その名のように端麗で飲みやすくおいしい.今回はさら四十数%まで磨いて大吟醸(右から2番目)として販売された.赤い化粧箱に渋いボトルである.味は...


まだ飲んでません.昨日飲んだビールと洗心とスコッチのチャンポンで二日酔いが続いて...今は,とどの水で入れた緑茶がとってもおいしい♡








栃尾方面から長岡の街を


そうそう,写真のきりんざんと景虎は熱燗用です.
熱燗もいろいろと試しましたが,これらと超辛,かたふね(甘くなる)なんかがいいです.
熱燗の季節ですねえ...あ,壱醸は冷やで!

0 件のコメント: