2009年12月18日金曜日

雷鳴

北越雪譜によると越後の雪の訪れは,

殺風肌を侵して冬枯れの諸木葉を落し,天色雲雲として日の光を見ざること連日,是雪の意也.天気朦朧たる事数日にして遠近の高山に白を点じて雪を観せしむ,これを里言葉に嶽廻といふ.又海あるところは海鳴り,山ふかき所は山なる.遠雷の如し.これを胴鳴りというふ....








我が国の雪は鵞毛をなさず,降る時は必ず粉砕をなす.風またこれを助く.



古くから表されているように,ここにも雪は降ります.胴鳴りのみならず,雷鳴が響き,夜空に閃光が走ります.雪も淡雪ではなく小指の爪ほどの固まりです.




中越にもまた冬がやってきました.







おまけ...長岡の桜は四度目の満開です.




0 件のコメント: