2010年11月23日火曜日

宴の後にまた宴?

シリウスって初めて見ました.おおげさかも知れませんが,視界に入っていてもそれと認識できたのは初めてです(恥).

日曜日は快晴だったので,貴重な機会を逃さないように夜空を見上げてみました.ほぼ満月だったので星を観るのは難しいのですが,某先達が満月夜は昼間のように写真が撮れると書かれてましたので,とどもちょっと挑戦です.

D90&18-105mm f6.3 10s ISO1600 WB4000k

秋から(気分は冬)見慣れていた東の空の星座は,だんだんと天頂に移動して,地表側にはシリウスが見えます.写真にすると少し不思議な感じですね.




昨日は友人を招いて宴でした.友人は少し上品なお方なので,お酒も吟醸系で優雅に(久保田3種,〆張鶴 金など)揃えてみましたが,意外にも原酒等の濃厚系がお好きでした.(なんだか前にもこのパターンが...)

トド的にはものすごーく飲みましたが,所詮は虚弱体質なのでたいしたことはありません.お酒はたくさん残ってますが,次の宴までにはだんだんと蒸発していくことでしょう?

そうそう,翠寿がとても飲みやすかったです.大吟醸の生酒で口当たり良し.でも,アルコール度数って14度だったっけ?以前は16だったような?? フルーティーだけど少し強いので,お土産にはあえて翠寿をはずして伍の越州にしてたつもりだったんだけど...

14度になって飲みやすくなった(それとも前からだっけ?)ので,久保田翠寿はお土産に最適です(女性とか普段あまりお酒を召し上がらない方へ). 飲んべえには...〆張の裏に隠れている系ですかね.

追記:翠寿の16度は大嘘でした.ネットで見てみると以前から14.5度ぐらいだそうです.もう一度飲んでみると,やっぱりすっきりと飲みやすい.こんなに軽かったっけ?? 〆張鶴越淡麗は後味がすこし苦い感じがするのに対して,翠寿はいい意味で水のようです.なので,どんどん蒸発していってしまいそう...



さてさて,〆張鶴から越淡麗(米)の吟醸酒が今年から発売だそうです.越淡麗の麒麟山も先日飲みましたが,これも結構よかったです.まあお酒は好みなので優劣を比較するのもなんですが,とど的には〆張はお薦めですね(それとも酔ってたからなあ).

ただしやっぱり越淡麗はすっきり系ですので,臭い系のお酒が好きな方には物足りないかも...


地物の刺身と生地の干物,その他の手作り料理も大変おいしゅう頂きました.(1号に感謝)


泡盛,貴腐ワイン...百年梅酒は受賞したとか...
でも,百年って?(焼酎じゃないんだから)


で,次の宴のためには蒸留酒やらが並んでいます.他に赤ワインやらビールやら色々あります...飲み屋みたいですね.でも,とど1号はダイエット?のために禁酒中.
(業務連絡:キムたーくんへ とりあえず日本酒換算で一人一升ぐらいは用意しときます)




そうそう,ガツンと一発,本物のお酒も今日届きました.これは今は内緒.


Jupiter 金星は隠れているそうです.

内輪ネタですみません.わざわざ新潟までありがとうございました.

0 件のコメント: