2011年12月26日月曜日

Leo

夕食後に寛いでいたら,トド子が外は晴れていると言います.降っていなければ晴れなので,D700 & Makro-Planar 50mmを抱えて小一時間出かけてきました.


少しは星も期待したのですが,全くの曇天でおまけに降り始めて...





こういう粒を,こちらの人は雪って言うんです.降り始めるとバラバラと音がして5から10mmあるようなつぶては,普通は「あられ」または「雹」って呼ぶのだと思いますがね.道に落ちると転がるし,当たるとけっこう痛いです.

この雹で,いつも思い出すのが小説の一場面(壺井栄).5月に季節外れの氷の粒が降ってきて小さい兄弟がはしゃぐところ.

「あ,あられが降ってきた.」

「あられじゃなくてひょうだよ.」

「ひょうじゃなくてライオンだよ.」

真っ暗なので降ったばかりの雹にジェントスを挿します

ひょうじゃなくてらいおん...?

うーん,Appleの語彙能力もこの兄弟と同程度か...



ばらばらと雪が降り始めて痛いので,撮影は数枚で終わりにして帰ろうとすると...

ん,何かいる.


かわいらしいタヌキリス*が2匹

ちょっと近づいたら硬直して...
50mmMFではさすがにこれが限界.(ちょっとだけトリミング有り)


そうそう,正月用にちょっと日本酒を買って来ました.なぜか生原酒が多いです.千代の光は普段飲まないので,手前の3本は今回初めて飲むお酒です.

毎年すぐ売り切れてしまう〆張鶴金ラベルも今年は少し売れ残ってました.


感想はまた今度.

*注 タヌキリスは僕が命名しました.彼らも,雪が降ってきたとか言ってるのだろうなあ...


さっそく飲んでみました.千代の光しぼりたて生は18度で醸造アルコールがちょっと入っているせいか少しツンとした感じがして,越淡麗(純米17度)は少しまろやか(前者と比較して)です.でも,最初の一口は違いがわかりますが,もうわかりません.これと,八海山しぼりたてと後ろの一升瓶(巻機山 無濾過生原酒)の飲み比べをしたら間違いなくイキマス.生酒はほどほどに...

やっぱり燗酒も必要か?

0 件のコメント: