2009年12月31日木曜日

良いお年を!


1年お疲れさまでした.訪問してくださった方々に厚く御礼申し上げます.

皆様に良いお年が訪れますように!




来年もよろぴこ.

2009年12月30日水曜日

しつこく通っています.

母上様から,一粒で3000mのエネルギーがつくクッキーを頂きました.おいしいけど,ハイカロリー...おまけに,昨日は朝方まで痛飲し,メタボに拍車がかかっています.





で,しつこくここにやってきました.家から往復で2時間ほど.
一仕事終えて,夜の十時に出発して,深夜には戻れます.


2009年12月28日月曜日

カップラーメン 麺作り 鶏だし塩


今日は晴れ!
曇っていても,雪やみぞれ,吹雪や雨でなければ,晴れと思えるようになりました.
相当の曇天でも,今日は珍しく晴れじゃん! みたいな...


スノーピークのマグカップは雪山にあいます...あ,山と言えるほどではないので雪丘だ.






2009年12月27日日曜日

ちょっと調子の悪い micro 60mm F2.8G

また雨である...新潟,富山以外は晴天らしいのに,気持ちは凹み気味.天気が許せば,今夜こそ雪中キャンプと思ったけれど,外をみると気が萎える.

おまけになぜか60mmF2.8Gの調子が悪く,昨日から動作が不安定.絞りが動かなかったり,エラーが出てしまう.それでもやることがないので,色々撮ってみた...



2009年12月25日金曜日

やっぱり18-105mm F3.5-5.6Gが景色にはいいです.


明日,仕事前に軽く登ろうかしら...
家から十五分の近距離で,見晴らしのいいこの場所.
秋のコスモスもいいけれど,雪景色もまたよし.

明日からはスキー場がオープンするらしい...



国上山 と 弥彦山, 角田山



スノーシューを履いて,くるぶしまで潜る程度.
これぐらいがやっぱりいいです.









お仕事前のちょっと運動
これで,腹が凹まないかなあ

2009年12月24日木曜日

ライトニング アセント MSR LIGHTNING ASCENT

ボーナスを,はたいて買ったこれに夢中...(字余り)
ついでにムーミンと化した腹が少しでも凹めばと思ってましゅ.

でも,残念ながら予報では雨.標高低いからなあ...




2009年12月22日火曜日

ムーミンマグ クリスマス柄 2009

ムーミン好きの人は多いと思う.僕もその一人で,子供向けの童話を大人になっても読んだりする.
今は鏡をのぞき込むと,とど1,2号でムーミントロール2匹映っているが,自称スナフキン(こういう人は多い)だったころ,タンペレまで出かけたことがある...(当時はスマートで格好良かったなあ,僕...今はお腹もムーミンだけど)

ムーミン谷博物館にあるムーミンハウスは,わくわくどきどきする夢のおうち...ムーミンと眷族たちが楽しそうに住んでいる.もともと冬の夜が,ながーーーーい国.




2009年12月21日月曜日

みんな雪嫌いです!

雪の飄飄萹萹たるを観て花に論へ玉に比べ,勝望美景を愛し,酒食音律の楽しみを添へ,画に写し詞を連ねて称鑑するは和漢古今の通例なれど,是雪の浅き国の楽しみなり.


この辺りで雪が降って嬉しいなんていうと,白い目でみられます.
不便さはともかく,ちょっと栃尾の奥に入ると,雪は死活問題となります.
そうは言っても,雪の浅き国より来た僕らは,ちょっとわくわく...


今回は携帯写真に負けた気がする...



そんで,WESTでこれを買っちゃいました...
先週だったら1割引だったんですけど,ボーナス待ち,で今日となりました.
カヤックとこれはずーっと欲しかったんです.






通販



雪が多くて昨日は車が上れない道も




おかげさまでとどの駐車場まで行けるようになってました.




雪が多くて2階から出入りするなんて,眉唾ものと思っていても
こんな光景が普通になると...考えを改めなくてはなりません.





きれいに除雪された駐車場に車を置いて
買ったばかりのMSRを早速試してみました.
(ストック忘れた)


これを履いていても腰までもぐるほどの柔らかく積もった雪



とどのわき水も雪に埋もれてます.






頭だけ出てる看板が,数日で降った雪の深さを物語ります.
そして,標語にこけそうになります...




除雪車のおかげで,道は快適です.ありがとう...



女性用





2005年の初スノーシューイングからずーっと欲しかったんです.(in Colorado)
つい,最上級を買っちゃいましたが,
一番簡素なので十分なような気もします.むしろ,どこを歩くかの方が重要かな...


2009年12月20日日曜日

D90 & AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G しつこいですが,つづき...

D90に3518はなんといっても,軽い! どこでも持って行ける気軽さがあって,人もイルミネーションも,花も,景色も撮れるし,暗くても大丈夫,さらに画角もちょうどいい...(フルサイズ換算で52mmとか...人の目に近いらしい)

欠点は,ちょっとちゃちいこと?,オートフォーカスが迷うこと??(これは他で諦めてる暗がりでの撮影のためか)

ほぼ同じ画角相当でより上はないのかと思い,D700/D3s + 5014を見てきましたが,重さに萎えました...今はD90&3518の気軽さとフットワークがちょうどよし.

これだけで出かけたときに,もひとつ問題はちょっと望遠,ちょっと広角がほしくなるときもあることぐらい.

それでもこんなレンズがあれば,もっと美人に撮れるんじゃないかとか迷い+物欲が沸いてきます...


でもまあ,D90&3518との散歩が楽し.ゆかりはありませんが,歩いてみました(先週).



まだぎりぎり秋が残ってます.









小道のハートちゃん.


この時期に鮮やかすぎる緑


ちょっと怪しい客引きにあって...
かなり本格的なカリー


むかーしカラチで食べたカリーが忘れられない...
(The Living Daylights (007)の最後の台詞を聞くたびになぜか思い出す...
ほんとにいいレストランがあんのかよ!みたいな)




いいなあ,天気が良くって...(先週)



ちなみに今日の長岡は...


除雪車が埋まってる!



先日まで車で上った道も,腰までの雪.
かんじきなしで,これ以上はのぼれませんがな.



家具屋&トラットリアもこんな感じ.
大窓から雪景色を眺めながらランチはいいですよ.
でも,みんな雪が嫌いみたい...


どこにでも持ち歩いてる3518&D90でした.



カメラって楽し!

2009年12月19日土曜日

D90 & 3518を抱えてニコンへ...

知人からニコンのカレンダーを頂きました.どの写真もさすがに美しく,写真ってすばらしいなあと再認識し...その影響というわけではないんですが,他にもレンズが...特に50mmF1.4が欲しくなりました...(単純に戦略に乗せられてます)

先日の忘年会では下っ端の僕が撮影担当となり,D90&3518をつけて居酒屋で撮影しました.撮影中はオートフォーカスがなかなか合わなくて苦戦し,ピンぼけ続出かとおもいましたが,帰ってみてびっくり.撮影中の失敗した感触とはうらはらに,結構綺麗に撮れてました.ISO1600-3200で絞りは開放F1.8でフラッシュなし,もちろん手持ちでしたが,手ぶれも動きによるぼけもなく,被写体深度による綺麗なボケがみんなに好評でした.

それで,ちょっとほかのレンズも見たくなり...





ニコンに出かけてみました.


これは5014です.やっぱりいいなあ...

あこがれの広角をつけてみました.大きくて,D90には重い.
D90の右手の握りが小さく感じて,前のめりになってしまいます.

今回は見ただけで,何を買うのかは決まりません.すぐに必要ないということでしょうか?
でも,5014はずっと気になってます.他社製も...



せっかく晴れたので,35mm f/1.8Gを付けて楽しみました.



そのまま焦点を鉢の底にずらすと...




義母が飾ってくれたピンクちゃん




拡大も結構撮れます.


帰りはやっぱりこれですか!
新幹線好きのお嬢様のためにね.



2009年12月18日金曜日

雷鳴

北越雪譜によると越後の雪の訪れは,

殺風肌を侵して冬枯れの諸木葉を落し,天色雲雲として日の光を見ざること連日,是雪の意也.天気朦朧たる事数日にして遠近の高山に白を点じて雪を観せしむ,これを里言葉に嶽廻といふ.又海あるところは海鳴り,山ふかき所は山なる.遠雷の如し.これを胴鳴りというふ....





2009年12月8日火曜日

海   ひさびさの 18-105mm

週末は,久しぶりに魚を買ってBBQをしようかと思いました.魚はもちろん寺泊.ついでに海を眺めようかと...



ちょっと荒れてる?








2009年12月7日月曜日

坂の上の雲 大河ドラマ!!

先ほど,NHKの大河ドラマ”坂の上の雲” 第二回を観ました.久しぶりに楽しみなドラマで,期待してます.

新潟に居て批判するのはアレかもしれませんが,前回のドラマは醜悪で観てられませんでした.小説も少し読んだだけでうんざりしたし,配役も? 綺麗な顔をした俳優は現代ドラマに出ていれば良いと思います.”涙そうそう”の役は結構良かったと思いますが,戦国武将役は無理があるんじゃないかと...

まあ,前大河ドラマのおかげさまで2年連続の豪華な長岡花火大会になりましたが...

”坂の上の雲”の小説を読んだのは2年ほど前です.もともとは,とど1号が勧めてくれて,”峠”を読んだ勢いで続けて読んでしまいました.個人的な意見ですが,前回と原作の格が違うのではないかと... (なんだか,県をあげて応援してたみたいで,批判するのは悪いことのようでしたが)

さて週末,晴れ間を盗んで朝日山に登ってみました.といっても,車です.
ここも登り口がわかりにくく,迷ってしまいました.以前も一度来たのですが,場所が分からずにあきらめてしまい,今回も震災前の旧道をすすんだらしく行き止まりになってしまいました.が,そこから少し歩くと...



先に立ち寄った山古志




さびれた石碑があります.右側は苔むして読めませんが,左側は時山直八とあります.ほんとにひっそりと建っています.

官軍が朝日山に攻め上った戦いは凄惨で,撤退する時にも遺体を持ち帰る事はできず,頭部を切り取って首級のみをかろうじて持ち帰ったようです.頂上からやや距離のあるここは,参謀が被弾したところでしょうか? (頂上にも終焉の地との看板がありますが,状況を想像するとこちらが本当の場所なのではと思っています)歴史の人柱となった方々に頭が下がります.


歴史(小説)ついでに,河井継之助が長岡城奪還のために奇襲経路となった八丁沖古戦場も見てきました.今は水田ですが,当時は底なし沼だったようです.灌漑される前の越後水田の多くは悪田で,胸まで身体が沈みながら田植えしていたと聞きます.(県立歴史博物館)

底なし沼を越えての奇襲は戦術的に成功し,評価を得ているようですが,本当はこんな戦いはしたくなかったことでしょう.歴史の奔流のために選択肢がなかったためでしょうか?

北越戦争,朝日山の合戦から長岡城の再奪還は”峠”の下巻になります.



楽天ちゃん



...大河ドラマじゃなかったみたい...がーん!