2010年4月30日金曜日

New MacBook Pro & 霧の浮き舟

あまりにカッコ良いので買ってしまった...仕事用に...?

高解像度ワイドスクリーンディスプレイ(非光沢)を選択したので,マックショップの通販です.でもって,仮名ふりはいらないので,US keyboardを選択したら上海からでした.





そんでもって,スーパーで見つけた霧の浮き舟...発売された30年前を覚えてます.そうか,復刻されたのか...チョコが高級品だった?当時,空気が入って割り増しサイズに見えるこれが魅力的でした.ついでに口の中でとろけるふわふわの食感も...(これはおまけ)



2010年4月28日水曜日

Grand Canyon National Parkのキャンプ キャンプことはじめ4 アメリカ編2前編

キャンプ事始め,アメリカ編2です.天気が悪いので,思いは晴天の日々に馳せるしかありませんねえ.

グランドキャニオンを訪れたことがある人は多いでしょう.でもここにキャンプ場があるのを知っている人はちょっと少なくなるかもしれません.キャンプ情報はさらに少なそうなので,アメリカ編2でちょっとだけ紹介したいと思います.




2010年4月25日日曜日

五泉のチューリップちゃん & 悠久山の八重桜

今日は晴天だったので,ちょっと足を伸ばして五泉まででかけてきました.まだちょっとだけ早かったみたいで,一部しか咲いてませんでしたが,来週から再来週には咲き乱れている事でしょう.

久しぶりの青空の下で光をあびて,花は透き通るように輝きます.




2010年4月24日土曜日

福島江の桜 青空

先日のうちにほぼ開ききっていましたが,しばらく寒い日が続き雨も降りました.それでも花冷えのおかげで今日までほとんど散らずに満開です.



いままで知らなかったけど,このブログでも追記ができるみたいです...前から? 

つづきは思わせぶりでいいですねえ...たいした内容はないよー....でも,見たくなっちゃいますねえ??


2010年4月21日水曜日

福島江 2010桜満開速報   花冷えの日

福島江の桜がほぼ満開になりました.探すとちょっとだけ蕾も見つけられますが,咲き誇っています.最初の花が開いてからほんとにあっという間でした.寒かったので我慢に我慢を重ねて,一度に花開いたのでしょう.満開なのに散っている花びらはほとんどありません.昨日,今日と涼しく,花冷えの日が続いていますので,花持ちもよさそうです.




さて,今日の桜は全てとど1号の撮影です.
D90 & 3518を持ち出して,ちょっと晴れて来た夕方に撮影してくれました.



2010年4月19日月曜日

福島江の桜 速報

暖かい所にお住まいの幸福な方々には今更の話題かもしれませんが,
福島江の桜がようやく開きました.
今朝撮影しました.まだ蕾も多いみたいです.


満開にはちょっとだけ早いようですが,今ぐらいが一番どきどきします.

やっぱり花は開ききってしまう前がいいなあとつぶやいたら...
とど1号に怒られました.

まあ,そういう意味なんですけど...


2010年4月16日金曜日

オレンジライトとグリーンレフト

タイトルに反応した貴方は相当のオタである...


グリーン・レフト Akd. 0020


2010年4月13日火曜日

ケニアの石の皿

~最後に追記あり~

Great Sand Dunesの後編を書き終えたと思ったら,保存違いで全部消えてしまった...とほほ.このブログの勝手に保存する機能があだになったことは何度かあり,間違えた訂正(?)がそのまま保存されていたりする.写真の鮮やかさも反映されないし,ちょっと残念なシステム.でも,仕方ないですか...





2010年4月12日月曜日

キャンプことはじめ3 アメリカ編 Great Sand Dunes NP

せっかく再開したキャンプ生活も雪に埋もれて行かなくなって約半年?になります.もう今年のシーズンに入っている人たちも多いようですが,とど2号はなかなか外泊もできないので,キャンプことはじめのアメリカ編を書こうと思います...


食べる準備には常に真剣な,とど1号

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村


2010年4月11日日曜日

山桜

オレンジの東海道線から車外を眺めると,花一杯のソメイヨシノが次々と流れていく.たまにはもうピークを過ぎて葉桜になった木々も目につく.ソメイヨシノに少し遅れて満開となる高木のヤマザクラもちらほらと見える.散り始めた花と満開の花が遠目には同じように見えるのは皮肉なものである.もっともがくまで赤いソメイヨシノは花被が落ちても赤みがかっており,白と緑のヤマザクラとはやはり異なるが.

ある素敵な家の玄関口を覗くと,床からすらっと立つ長首の硝子花瓶に大きな数枝が生けられていた.二まわりは小さいと思える花は細長い花弁を一重に纏っている.雪の残る新潟に移った一昨年の春に,農家の方から頂いた山桜と同じもののようだった.はかなく可憐だけれど野生のそれは,越後の里山に遅い春がやってきてるよと東京まで知らせてくれているようで,ベージュ色と萌黄で一面となった中にピンク色がちりばめられた八石山や櫛形山脈の情景が思い出された.同時に鼻孔には花の匂いか新緑か区別できない春山の香りが吹き抜けた.



もう少し大人になったら気持ちもソメイヨシノに帰ってくるのだろう.

でも,来週はやっと春を迎えた里山に登ろう.

2010年4月10日土曜日

横浜の花見 と ポンペイ展

越後からのトンネルを抜けるとモノクロの世界からカラーへと変わります.青空が広がり,新緑が芽生え,菜の花とすみれ色の鮮やかなコンストラストが映えます.萌黄と薄ピンクのソメイヨシノが遠景にジオラマのようにちりばめられ,たまに目立つ濃い桃色はしだれ桜か八重桜でしょうか?

地元の福島江の桜はまだtree-in-budで,内側からはち切れるようなエネルギーを感じるものの,開く気配はありません.日の光と花見を求めて港町横浜へやってきました.山手公園などの花見穴場もあるようですが,坂を登る気がしません.人混みに暮らしているとちょっと人気の少ない穴場に行きたくなりますが,はるばる上京してくるとむしろ雑踏の中の街路樹にどきどきします.ランドマークを見上げた桜はそれは見事です.





2010年4月7日水曜日

patagonia

パタゴニアが大好きです.南米は訪れたことがないのでよくわかりませんので,もちろんアウトドア着の話です...最近,某ブログで紹介されていたので,ちょっと刺激されちゃいました.


どれぐらい好きかと言うと...相当です...誰にも負けないとは言い過ぎですが...

キャプリーンのシャツとパンツに始まって,ジャケットも全部patagoniaです.略してパターと言ってます.毎日の寝間着はパターだけですし,仕事もパターを身につけてます.365日,毎日少なくとも3から5枚はパターを着てます.全部で100枚は余裕であるでしょうか? 小物を入れれば200点ぐらい?

パターはフリスコの某氏に教えてもらったのですが,強く薦めてくれたのはパター開発のテスターでもあった加藤氏です.彼はチョー・オユー(Cho Oyu)を無酸素で登頂して,ボードで滑り降りてくるような強者です.彼がもひとつ薦めてくれたのが,The North Faceのmountain25でした...まあ,どう考えても”とど”にはオーバースペックのような気がしますが...




街着のシンプルなパターデザインも好きですが,秀逸はやっぱりインナーです.先日,外歩きの帰りにレストランでとど1,2号で向かい合って座ったら,ハードシェルからダウン,ウール,インナー,スキーパンツ,ビーニーまでほぼ全部がパターでした.


寒い越後で特に気に入っているのが,キャプリーンの黒タイツです.これを履いて鏡に映った自分を見ると...

まるで,小力です...メタボなお腹が特にそっくりなのにがっくりします...


ふと,とど1号をみると...こちらも...うーん,ハンプティ・ダンプティ以外の例えが思い浮かびません.

どちらも仲良くウエストないさあ...


パターも,ちゃんとしたアウトドアラーに着て欲しいと思っていることでしょう...



まじめなパター紹介はまたいつか.

2010年4月5日月曜日

まだまだ残雪.大きなテントは張れませんねえ.

2週間もブログをさぼっていると,大作でも書き上げたのかと思われそうですが,あんまり大したイベントはありません.町中からはすっかり雪は消えましたが,ちょっと山に行くとまだまだ残雪です.でもそれも日に日に消えています.3mは積もっていると思われた峠の雪も,今は1mも残ってないようです.

日曜は久しぶりに快晴だったので,ちょっと遠出をしてみました.といっても車で1時間ちょっとです.大白川の駅で期待していた蕎麦はお休みだったので,もう少し奥に進んで雪中でらうめんとなりました.


あまりの快晴に,写真はまた白とびの連発になってしまいました.にーちぇあは四つ足と違って柔らかい雪の上でも座ることが出来て,心地よい日光浴を楽しめます.